女性 薄毛治療

睡眠不足が髪によくない理由

「睡眠不足は育毛の大敵」なんてよく耳にしますよね。
でも、本当に育毛と睡眠時間には関係があるのでしょうか?

 

【睡眠と育毛の関係 】睡眠不足はなぜ髪によくないのか?

 

実際、あまり寝ていない人でも、髪の毛がフサフサとしている人もいますので、
なかなかはっきりしませんよね。

 

人間の身体は基本的に睡眠時に疲れをとったり、細胞を修復したりします。
この全ては成長ホルモンによる作用と言えます。

 

睡眠不足になると、まずこの「成長ホルモン」の分泌が
悪くなってしまいますので、当然のように髪の毛には良い影響とはなりません。

 

ですから髪の毛のため(身体のため)、毎日のように7〜8時間は睡眠時間をとり、
成長ホルモンが分泌されるようにしてあげる必要があります。

 

睡眠時間にも、特に大切な時間帯というものがあります。
それは眠ってから1時間後という時間帯です!

 

この時間に人間の身体は、一番成長ホルモンを分泌するようになります。
この時間にぐっすりと眠っているなら、髪の修復、また髪を生やすための
成長ホルモンはしっかりと出てくることになります。

 

しかしながら、ただ寝れば良いというわけでもありません。
どんな点に注意を払って、睡眠をとる必要があるのでしょうか?

 

 

1.身体を温かくしてから寝る

寝る前にきちんと身体を暖めることで、身体は睡眠後の1時間の時に
身体を温めるような作業をしなくて良くなります。
これによって成長ホルモンの分泌に集中できるようになります。

 

 

2.眠る前、3時間以内には食事をしないこと

寝る直前に食事をすると、感覚的には食べた栄養を髪の毛に
使えるのではないかと考えがちですが、実際のところはそうではありません。

 

寝ている時に、胃が働かなくてはいけません。食べ物を消化する作業は、ことのほか重労働なので、
睡眠後に消化を行ってしまうなら、当然身体は髪の毛を含め、身体の修復や回復に力を
注げなくなってしまいます。これによる髪へのダメージは非常に大きいと言えます。

 

 

こうした事に気を付けながら、規則正しい睡眠のスケジュールを保つことも大切です。
このサイクルが狂ってくると、成長ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。

 

とにかく育毛を考えるなら、規則正しい、また十分な睡眠時間を確保しなければいけませんよ。

東京ビューティークリニック口コミ体験談!

【睡眠と育毛の関係 】睡眠不足はなぜ髪によくないのか?