女性 薄毛治療

なぜ、タバコは髪によくないのか!?

タバコは髪に良くない、とよく言われますよね。
しかし、なぜタバコは髪に良くないとされているのでしょうか?

 

 

タバコと抜け毛の関係を話す上で、まず煙草に含まれる成分に注目しなければいけません。

 

煙草に含まれる主成分として挙げられるのが「ニコチン」です。
このニコチンの作用に問題があるのです。

 

ニコチンの作用の1つに、「毛細血管の収縮」というものがあります。
これは百害あって一利なしというほど、身体にも、髪の毛にも全く良くありません。

 

毛細血管が収縮すると、当然のように血流が悪くなってしまいます。
髪の毛は血液中の栄養を使って成長したり、また新しい髪の毛を作っていきます。

 

つまり、ニコチンによる「毛細血管の収縮」で髪の毛の元である
毛母細胞は、栄養を摂り入れにくくなってしまいます。
それにより抜け毛につながったり、新しい髪の毛が生えずらくなってしまうわけです。

 

仮に生えてきたとしても、毛根のしっかりした髪の毛ではないので、
ちょっとした理由で抜けてしまったり、髪の毛自体が細くなってしまうなどの弊害も出てきます。

 

さらにタバコを吸うと、驚いたことにビタミンを消費してしまうことも分かってきています。
毎日のように身体はビタミンCを必要としています。
と同時に髪の毛も、このビタミンCが欠乏するなら影響を受けてしまいます。

 

例えばビタミンCは肌の再生に関係しており、コラーゲンといった肌に良い成分の生成を行います。
この作業にビタミンCを使えなくなると、肌はどんどん硬くなってしまい、その結果血行が悪くなります。

 

結果として毛根は栄養を吸収しにくい状況になり働きがとても鈍ります。

 

そうなると髪の毛は、やはり抜けやすい状況になってしまい、
さらに生えてくる髪の毛は最初から元気のないとても細い髪の毛になってしまいます。
結果として髪のボリュームも本数も少なくなっていきます。

 

タバコ一本でビタミンCを25mg消費するというデータがありますが、
簡単に言うと、タバコを吸えば吸うほどビタミンCが消費され、
それにより頭皮が硬くなって、抜け毛が始まるということです。

 

これらの事から、もしヘビースモーカーなどで、抜け毛が気になっている人は
タバコが原因になっている可能性は否定できないといえるでしょう。

 

やはりタバコと抜け毛には密接な関係がありそうなので、
本気で育毛を考えている方は、タバコをやめることが必要かもしれません。

東京ビューティークリニック口コミ体験談!

育毛の大敵!タバコはどうして髪によくないのか?